地震保険は地震によって起きた火災や水害、家具の損害などを補償してくれる保険です。

火災保険に加入していたとしても、地震が原因で起きた火災や水害などについては、例え火災であったとしても補償されませんので注意が必要です。

地震は地震として大きな災害になることも多く、地震に関しては別個で保険に加入する必要があります。

地震保険は基本的に火災保険とセットでなければ加入することができませんでした。

しかし新しい地震保険の種類として単独で加入することができる種類の物も登場してきました。

なぜ単独でも加入することができるようになったのかというと、近年の大規模な地震災害によって生活が困難になる方も多く、そういった方々を救済して生活を立て直すためのサポートができるようにといった目的があるからです。

また自身のあるリスクの高い地域などによって、全国でも住んでいる場所によって保険料が変わってくるのも地震保険の特徴です。

この保険料の算出に関しては保険会社と国が共同して決めているので、どの保険会社に加入したしても基本的には保険料は同額になるように定められています。

ただし、前述したように住んでいる地域によって保険料は変わってきますし、建築物の築年数や耐震構造などによっても変化することがあります。

基本的に火災保険では補償しきれない、地震や津波、火山の噴火による損害が起きた時に助けてくれる存在ですから、火災保険とセットで加入しとくことが良いとされています。

また似たような種類の保険として、県民共済やJA共済、全労災といった損害保険会社とは違った共済系の新型火災保険では、地震などの天災が起きた場合には、お見舞金共済金を受け取ることができるといったものもあります。

このお見舞い共済金は新型火災保険独特の制度で、加入金額の5%、最大で300万円まで受け取ることができるといったものになります。

最大の補償額は損害保険会社の物と比べると少額にはなってしまいますが、新型火災保険は保険料的には安く抑えることができる傾向にあるようです。

地震保険料は火災保険の半額といったような感じで、損害保険会社だけでなく国が決めている部分も多い保険です。

住んでいる地域や一戸建てやマンションなど住んでいる建築物の種類によってなど様々な要因で保険料は大きく変わってきます。

しかしいつどこで地震が起こるかわからない日本ですから、もしものことを考えると加入しておくべき保険です。

保険の見直しの方法と選び方|保険の相談・加入・比較のおすすめランキング