保険会社は非常に多いですが、いざ保険の見直しを行おうと思っても、会社によって色々と保証内容が違いますので、どれを選んでいいのか全然わからない人も多いでしょう。

保険の新規加入や見直しを行う際には色々な選択肢があります。

保険の営業マンや生保レディーに相談するという手もありますが、その場合には相談する営業マンの保険会社しか選択肢がなくなってしまいますので、あまり良い方法ではありません。

結論から書くと、色々な保険を扱っている代理店に勤めているプロの専門家に相談して、自分に最も合った保険を紹介してもらうのが最も確実です。

でも、代理店や専門家に相談すると高額なのではないかと思い躊躇する方もいるでしょうが、実際のところは相談料は無料なのが大半となります。

どうして相談料が無料なのかというと、代理店は紹介することで保険会社から紹介料をもらっているので、相談者から料金をもらう必要がないのです。

そのため、お互いにWIN-WINの関係となっていますので、安心して保険の見直しを相談することができます。

保険代理店おすすめランキング

  1. 保険のビュッフェ

    保険のビュッフェは専門家である保険のファイナンシャルプランナーが、お客様が指定した場所まで訪問し、無料で相談者にピッタリの保険をアドバイスしてくれます。

    全国に対応していて、47都道府県をほぼカバーしています。

    さらに、保険のビュッフェは今までにファイナンシャルプランナーのクレームがゼロというのも特徴です。

    質の高い保険の専門家に相談する場合には、保険のビュッフェは最適でしょう。

    1. 保険見直しラボ

      保険見直しラボも保険のビュッフェと同じく、ショップへの訪問型ではなく相談者が指定した場所まで代理店が来てくれるサービスです。

      保険見直しラボは全国に拠点が60もあり、約30社の保険会社と提携していることから、お客様にピッタリの保険を探し出してくれる優良な代理店となります。

      やはり、ショップに相談しにいくのは面倒ですが、専門家が足を運んでくれる訪問型の代理店は非常に便利ですし、料金も無料となりますので安心して相談することができます。

      そういった意味でも、保険見直しラボは当サイトでもおすすめの代理店です。

      1. 保険GATE

        保険GATEもショップ訪問型の代理店ではなく、相談者が指定した場所へ来てくれる代理店となります。

        保険GATEで最も注目する点は、運営会社がカタログ通販で有名な「株式会社ディノス・セシール」という点です。

        大手企業が運営しているからこそ、質の高いファイナンシャルプランナーが足を運んでくれますので、保険GATEは非常に優良な保険代理店となります。

        1. LIFULL保険相談

          LIFULL保険相談はショップ訪問型の代理店のため、直接保険ショップまで行かなければなりませんが、全国に1300店舗以上の保険ショップと提携しているため、駅の近辺などの交通の便が良い場所にショップがあることが大半です。

          ご自宅や喫茶店などに来てくれないというデメリットはありますが、来てもらうことに抵抗がある方も多いと思いますので、そのような方にこそLIFULL保険相談はおすすめとなります。

          お住まいの場所から近い代理店をすぐに探してくれて、様々な保険会社の保険を扱っているという点において、LIFULL保険相談は非常に優れています。

          1. ほけんの相談ch

            ほけんの相談chもLIFULL保険相談と同様に、ショップ訪問型の代理店となります。

            ほけんの相談chは全国700店舗の保険ショップと提携しているのですが、提携数ではLIFULL保険相談より少ないです。

            ただし、ほけんの相談chの強みは「店舗ブランド」「保険会社」「保険の種類」「プランナーの資格」を選択した上で訪問先の代理店が決定されますので、ご自身にピッタリの代理店が見つかる可能性が非常に高いでしょう。

          2. 定期保険って一体何?

            保険の基本となるのがいわゆる死亡保険と呼ばれるものです。

            そして、その代表になるのが「定期保険」になります。

            定期保険は、対象となる被保険者が保険期間中に亡くなった場合に、保障金が支払われるものです。

            自分が亡くなった時の妻や子供の生活を確保するためなど、多額のお金を残すために利用されることが多いものです。

            特徴としては、保険の有効期間が設定されているため、期間内であれば保障の対象になるものの、期間を過ぎると保障されなくなります。

            メリットとしては、少ない保険料で大きな保障を確保できる点が挙げられます。

            解約した時に戻ってくる解約返戻金が少額もしくはないため、保険料は比較的安くなっているのです。

            一方、デメリットとしては掛け捨ての保険であるため、保険期間が過ぎれば契約は満了となり保障も解約返戻金もなくなります。

            定期保険には種類があり、年を経るごとに保険金額が減少していく逓減定期保険、保険金を年金のようにもらうことのできる収入保障保険があります。

            これらは、もらえる保障金が時間の経過とともに少なくなるため、一般的な定期保険よりも保険料が安くなることが多いです。

            保険代理店でおすすめの定期保険を探す

            終身保険の活用方法

            終身保険は、被保険者が亡くなった時に支払われる死亡保障と貯蓄性を兼ね備えた保険になります。

            保障期間は一生涯となっているため、保険料の支払いが完了した後も保障が受けられます。

            また、貯蓄性があるため解約返戻金があり、一定期間が経過すると支払った保険料よりも多く解約返戻金を手にすることができます。

            万が一の保障としても利用できますし、資産の一部としても準備ができ、なおかつ税金対策としても活用できる万能タイプです。

            ただし、保険料は定期保険と比べると高額になるので、大きな保障を用意したいというニーズには向いていません。

            また、早期に解約をすると解約返戻率が低いため、支払った保険料よりも低い解約返戻金しか受け取ることができなくなります。

            そのうえ、貯蓄を目的として終身保険に加入した場合、早期の解約はマイナスになってしまうので、見直しを検討する時に切り替えが難しいです。

            メリットの多い保険ではあるものの、計画的に加入しなければ大きな損を出してしまう可能性もあるので、ライフスタイルの変化にも対応できるように組み立てる必要があります。

            保険代理店でおすすめの終身保険を探す

            医療保険は何ができるの?

            医療保険は、特定の病気や怪我で被保険者が入院をした時に保障されるものです。

            また、入院時に手術をした時にも給付金を受け取れます。入院時の給付金は、入院した時の日数に応じて支払われることになります。

            例えば、1日1万円の保障があった場合、10日入院をすれば10万円受け取れます。

            また、医療保険には60日型や120日型のように入院限度日数というものがあり、それを超過した部分は給付金が受け取れなくなるので注意が必要です。

            手術給付金については、入院日額の10倍や一律5倍のように設定されていることが多いです。

            ただし、商品で倍率も違いますから、加入時に気をつけなくてはなりません。

            医療保険には、定期型と終身型の2つのタイプがあります。

            定期型は、加入時の保険料は安くなるものの、保障期間が経過した後の更新で高くなります。

            なぜなら、年齢を重ねるごとに病気のリスクは増加するため、それに合わせて保険料が再計算されるからです。

            一方、終身型は一生涯の保障を受けられ、なおかつ保険料も常に一定です。医療保険を選ぶのであれば、病気のリスクが高くなる老後の時期を考慮することが大切になります。

            医療保険にはがん保険も含まれます。がん保険の仕組みは医療保険と似てはいるものの、保障される病気はがんのみでその他の病気には対応できないので注意が必要です。

            保険代理店でおすすめの医療保険を探す

            学資保険とは?

            学資保険はこども保険とも呼ばれ、教育資金を積み立てるための貯蓄性が高いものです。

            加入年齢は商品によって違いがあるものの、子供が0歳~10歳までで、年齢が若ければ若いほど保険料は割安になります。

            お金を受け取る時期は、子供が高校に入学する時期や大学に入学する時期など自由に設定可能です。

            また、受け取り方についても一括でもらうことができたり、分割でもらうように設定ができたりと、保険会社それぞれの商品で変わってきます。

            さらに、医療保障や子供の死亡保障などを付加されているもの、特約として付けられるものもあります。

            ただし、受け取れる金額は減少することになるので注意が必要です。

            なお、学資保険は、保険料の支払い中に契約者にもしものことがあった場合、保険料の支払いがなくなります。

            そして、子供にもしものことがあった場合は、払い込んだ保険料が返金されます。

            学資保険として終身保険を活用する方法もあり、満期時の返戻金を比較して選ぶことが大切です。

            保険代理店でおすすめの学資保険を探す

            独身の人が加入すべき保険とは?

            独身の人が最初に考えたいのは医療保険です。

            若い時期は大きな貯蓄がないため、もしも大きな病気をしてしまった時に必要な治療費の負担が賄えなくなるためです。

            そして、医療保険に加入するのであれば終身型の医療保険が良いでしょう。

            特に若い人ほど保険料が安くなりますし、その金額が生涯一定ですので経済的です。

            また、がん保険の終身型の加入も検討しても良いでしょう。

            死亡保障については独身ですので、特別な事情がない限り大きな金額は必要ありません。

            ですが、自分が亡くなった時の葬儀代分を残しておくと家族の負担を軽減することができます。

            この金額を掛け捨ての定期保険で用意すると安くなるのですが、掛け捨てになるので死亡する確率と将来のことを考えるともったいないです。

            そこでおすすめなのが、終身保険です。葬儀代の相場である約300万円で支払い期間を10年などの短い期間に設定して加入します。

            保険料の支払いが終わればそのまま置いておくだけで利率が積み上がっていきますから、支払った保険料よりも多く解約返戻金が戻ってきます。

            そのお金は今後の生活の武器になりますので、早い段階で始めた方が得策です。

            保険代理店でおすすめの医療保険を探す

            結婚した人が加入すべき保険とは?

            結婚は大きな責任を抱える時期でもあります。

            しかし、子供がいないのであれば現状の生活状況を考慮しましょう。

            まず、夫婦共働きの場合は、お互いに収入がある状態です。

            そのため、夫婦のどちらかにもしものことがあっても、生活の水準は保てます。

            したがって、夫婦であっても基本的に独身時と同じような保険の選び方で問題ないといえるでしょう。

            一方、夫婦のどちらかが専業主婦(夫)になれば、働いている人が亡くなった時のことを考え、残された人の生活水準を保つ収入を守る必要があります。

            その目的を叶えることができるのが、定期保険です。

            ただし、掛け捨てですから保険料の支払いは抑えたいところです。

            そこでおすすめなのが、収入保障保険です。

            残された人の収入が安定するまでの収入保障として活用できますし、保険料も抑えることができますので一石二鳥です。

            そこに、家計を圧迫しないように貯蓄をするための終身保険や病気や怪我に対応できる医療保険を加入しておくとさらに安心です。

            保険代理店でおすすめの医療保険を探す

            子供が生まれたばかりの世帯が加入すべき保険とは?

            子供がいるとなると責任は重大です。

            この時は特に保障が必要になりますので、計画的な見直しが必要になります。

            ただし、保障の大きさに惑わされて多額の保険料を負担し、家計を圧迫するような事態になるのは避けなければなりません。

            最初に考えるべきなのが、死亡保障です。

            残された妻や子供の生活を守る必要がありますから、多くの保障が必要になります。

            ここで重要になるのが、どれくらいの保障が必要になるのかを計算するということです。

            まず、自分が亡くなった時にどれくらいの金額が必要になるのかを計算します。

            例えば、家族の生活費や進学費用、葬儀にかかる費用などです。

            次に、自分が亡くなった時に家族に支払われるお金についてです。

            遺族年金や会社からの保障、残された人の収入がそうです。

            これらを必要な保障から引くことで用意すべきお金が算出されます。

            その金額を定期保険で準備することで、家族の生活は守られることになります。

            次に、医療保険です。

            もし収入を得ている夫(妻)が病気や怪我で働けなくなれば、その時の収入はなくなります。

            そのため、医療費の負担やその間の収入を確保するためにも必要です。

            また、家を守る妻(夫)が入院することになれば、家の仕事などの負担ものしかかることになります。

            病気や怪我のリスクも考えた方が得策でしょう。

            学資保険も重要です。進学費用を貯めるのが主な目的ですが、契約者にもしものことがあった場合に保険料の支払いがなくなるため、生命保険としての役割も持っています。

            お金を残すという意味でも加入しておくと安心です。

            保険代理店でおすすめの保険を探す

            子供が独立した際の保険の加入について

            子供が独立することになれば、大きな保障を用意する必要がなくなります。

            ここからは夫婦二人が老後を安心して生活できるように考えていかなければなりません。

            年齢を重ねると、病気のリスクがどうしても高くなります。

            したがって、病気や怪我をカバーできるものが必要になります。

            そうなると医療保険の準備は欠かせません。

            しかし、定期型よりも終身型のものを選ぶことが大切です。

            なぜなら、定期型は更新が行われる度に保険料が増加しますので、年金暮らしで収入を確保するのが難しい世代には大きな打撃となります。

            さらに、保障期間も一生涯ではないので、もしもの時に保障がおりないということも考えられます。

            終身型に加入し、一生涯の保障と自己負担の抑制を目指しましょう。

            また、葬儀費用についても考えなくてはいけません。

            自分が亡くなった時の葬儀費用を負担するのは残された家族です。

            その負担を軽減するためにも、一生涯の保障がある終身保険に加入しておくと安心です。

            老後に加入するとなると、保険料の負担はどうしても大きくなります。

            年齢を重ねる前に、できるだけ早い段階で見直しを行うことが大切です。

            保険代理店でおすすめの保険を探す

            持病がある人は加入できるの?

            持病がある人でも保険に加入することは可能です。

            「引受緩和型」のように持病を持った方でも加入できるものがあります。

            ですが、引受緩和型のものは一般の保険と比べて保険料が高額になる傾向があります。

            そのため、加入に二の足を踏むケースも少なくありません。

            そこで、最初に行いたいのが一般の保険に加入できるかどうかを検討するということです。

            会社によって加入時の審査基準は違います。

            そのため、ある会社では断られたが、もう一つの会社では加入できたということも珍しくありません。

            また、病気の内容によっては、条件付きで一般の保険に加入できる可能性もあります。

            しかし、一般の保険に加入できない、もしくは条件が悪く加入したくないという状況になる可能性もあります。

            その場合は、引受緩和型への加入を考えなければなりません。

            ただし、保険料は高額になりますので各社の引受緩和型を比較し、加入条件を満たしているかどうかを確認して加入しましょう。

            保険代理店でおすすめの保険を探す

            保険に加入するなら営業担当者?ショップ?それともネット?

            生命保険に加入する場合、3つの方法が挙げられます。

            1つは、営業担当者からの加入です。メリットとしては、何か問題が起きた時にすぐに対応してもらえ、プランの提案やその後のフォローまですべて行ってくれるので安心です。

            さらに、自社商品の正しい設計方法をマスターしているため、魅力のあるプランを提案してくれます。

            ただし、営業スキルは担当者によって異なるので提案内容にばらつきがありますし、選べる商品も限定されます。

            次に、保険ショップでの加入です。数多くの商品を比較できるので、自分に合った選び方ができます。

            また、加入時やその後の対応も行ってくるので心強い存在です。

            しかし、店舗によっては予約が難しく、気軽に相談できないというデメリットがあります。

            最後は、ネットでの加入です。探す場所は自宅なので、自分のペースで探せる点が魅力で、多くの会社の商品を比較でき自由度も高いです。

            ですが、ある程度の保険知識を持ち合わせていなければ保険の選び方に失敗をする可能性もありますし、ネットですから審査が厳しくなっています。

            また、手続などもすべて自分で行う必要があるため手間がかかります。

            このように、加入方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

            自分にあった方法を探し、正しい保険に加入するようにしましょう。

            おすすめ保険代理店ランキングはこちら